松木玖生(くりゅう)の出身は?プレースタイルや特徴を紹介!青森山田の10番候補!

スポンサーリンク
松木玖生 サッカー

あなたは、日本代表の柴崎岳を超えるであろう選手が青森山田高校にいることを知っていますか?

 

その選手とは、松木玖生です!

 

松木玖生は、現在1年生でありながら、サッカー強豪校である青森山田高校のスタメンで活躍している選手です!

今回は、その松木玖生の出身プレースタイルをご紹介していきます!

 

最後まで読み進めていただいけると嬉しいです。

松木玖生(青森山田)のプロフィール・読み方

まず初めに、松木玖生のプロフィールをご紹介します!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#松木玖生 #vamos #wearegreen

Riii(@vamoskuryu)がシェアした投稿 –

名前 松木 玖生(まつき くりゅう)
出身地 北海道?
生年月日 2003年4月30日(16歳)
身長 177cm
体重 71kg
ポジション MF

スポンサーリンク


松木玖生(青森山田)の出身小学校と中学は?

では、松木玖生の出身小学校、中学をご紹介します!

 

まず、松木玖生の小学校については確かな情報がありませんでした。

 

しかし、松木玖生は小学生の頃からサッカーを始めており、室蘭大沢FCというチームに所属していたようです。

室蘭大沢FCは、プロ選手を輩出している名門チームではありますが、2019年に少子化の影響で解散しています。

 

そして、中学校は中高一貫のサッカー強豪校、青森県の青森山田中学校へ通っていました!

2018年にはU15日本代表に選ばれ海外遠征を経験し成長。

 

その後、そのまま青森山田高校サッカー部に入部して現在に至ります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019.06.12 wed U-16 INTERNATIONAL DREAM CUP 2019 第二試合 U-16日本 1(4PK2)1 U-16ルーマニア 得点者:[日本]千葉 🇯🇵🇳🇬🇷🇴🇲🇽⚽🇯🇵🇳🇬🇷🇴🇲🇽⚽🇯🇵🇳🇬🇷🇴🇲🇽⚽🇯🇵🇳🇬🇷🇴🇲🇽 2019.06.16 sun U-16 INTERNATIONAL DREAM CUP 2019 第二試合 U-16日本 5-0 U-16メキシコ 得点者:[日本]中村②、勝島、豊田、千葉 🇯🇵🇳🇬🇷🇴🇲🇽⚽🇯🇵🇳🇬🇷🇴🇲🇽⚽🇯🇵🇳🇬🇷🇴🇲🇽⚽🇯🇵🇳🇬🇷🇴🇲🇽 U-16日本代表 #3 #松木玖生 (#青森山田高校サッカー部 ) #17 #工藤孝太 (#浦和レッズユース ) #12 #高橋一平 (#ヴィッセル神戸U18 ) #15 #中村仁郎 (#ガンバ大阪ユース ) #9 #勝島新之助 (#京都サンガFCu18 ) #10 #千葉寛汰 (#清水エスパルスユース ) #U16日本代表 #U16internationaldreamcup #U16インターナショナルドリームカップ

ᴬᴷᴵᴷᴼ⚓🇫🇷⚽(@ackey.1003)がシェアした投稿 –

ちなみに松木玖生は現在16歳で、U16日本代表です!

順調に世代別代表に選出されており、今後の成長が楽しみですね!

松木玖生(青森山田)はどんな選手?プレースタイルや特徴は?

では、そんな松木玖生のプレースタイル特徴をご紹介します!

 

松木玖生のポジションMFボランチを務めています!

 

ボランチは大きく攻撃型と守備型の選手に分かれますが、松木玖生はどちらかと言えば攻撃型の選手ですね!

 

そんな松木玖生のプレースタイルは、テクニックはもちろん、広い視野があります!

自分で勝負することもできますし、パスで味方を上手く利用することもできるのです。

 

ボランチはチームの心臓部ですので、松木玖生は1年生でありながら、青森山田高校に欠かせない選手になっているのです。

 

そしてなんと、ボランチの選手としては珍しく、得点力があります!

自ら突破して決める力も持っている。

また、嗅覚があると言いますか、セカンドボールを拾うことができる天性のものも持っているのです!

それに加え、松木玖生の性格についてですが、メンタルがとても強く、これは松木玖生本人も認めているようです。

 

名門のタレント集団3年生を中盤でコントロールしているわけですから、そりゃメンタルが強くないと務まりません!

 

また、1年生で出場した選手権の試合での出来事ですが、松木玖生は怪我で途中を交代をしました。

そしてベンチに下がると、悔しさのあまり涙をみせるシーンがあったのです。

 

1年生で世代トップレベルの青森山田高校でレギュラーで活躍していることに満足していないのでしょう。

恐ろしい1年生です。

 

物怖じしない冷静かつアグレッシブなプレー。

スキル面、メンタル面が1年生で既に備わっている。

松木玖生は「怪物」という言葉が似合う選手と言えるでしょう!
スポンサーリンク


松木玖生(青森山田)の将来背番号10番を背負う柴崎岳を超える逸材!

松木玖生は、あのサッカー日本代表の柴崎岳を超える逸材と言われています!

 

青森山田高校サッカー部と言えば、トップクラスの選手が全国各地から集まります。

そんななか1年生からレギュラーになるのは異例です!

 

しかし、そんな逸材は過去にも青森山田高校にいました。

その逸材が柴崎岳選手なのです。

椎名選手…懐かしいですね。

 

柴崎岳選手も青森山田高校出身で、松木玖生と同じく1年生の時からスタメンで出場していました。

そして背番号は1年生の時から3年生までずっと10番。

 

また世代別日本代表でも背番号10番を背負い、高校2年生の時点で鹿島アントラーズへプロ内定を果たしています。

サッカーを知っている人は、柴崎岳選手は逸材だったのはお判りでしょう。

 

そんな超高校級の選手である柴崎岳を松木玖生が超えるポテンシャルを持っているのです。

 

青森山田高校の黒田監督は松木玖生を

柴崎岳の高校1年生の時より肝が据わっている」と高く評価しています。

 

そして松木玖生は現在背番号は7番ですが、7番は将来10番を背負う選手がつけるという青森山田高校ではおなじみです。

 

また実は、松木玖生が青森山田高校に入学する前から背番号7番と決まっていたようです!

期待されている証拠ですね!

 

そんな松木玖生は期待通り、1年生で出場している選手権で4試合で4得点をマークする活躍ぶり!

これからの成長がとても楽しみですね!

 

 

こちらの選手も2020年の選手権で2年生でありながら、独特なドリブルで注目を集めました!

3年生になってからが楽しみですね!

須藤直輝は昌平の背番号10番!サッカー日本代表にも選出!出身中学と経歴は?

 

 

そしてこちらの選手で、2020年の選手権では惜しくも県予選で敗退して全国出場とはいきませんでした。

しかし、久保建英世代の高校サッカーでは、知名度・実力共にナンバーワンで将来活躍するのは間違いないでしょう!

西川潤(桐光学園)は久保建英と同年代でイケメン!サッカーのプレースタイルや兄は?

 

 

以上、松木玖生(くりゅう)の出身は?プレースタイルや特徴を紹介!青森山田の10番候補!でした。

最後まで読み進めていただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました