ホープフルステークス2019の予想!なぜG1?いらないという声とその理由も紹介!

スポンサーリンク
ホープフルステークス 予想 公営競技

あなたは今年最後の中央競馬のG1レースで馬券を的中させたいと思いませんか?

 

2019年12月28日(土)に中山競馬場でホープフルステークスが行われます!

 

中央競馬の締めくくりと言えば有馬記念を思い浮かべるファンが多いかと思います。

ただ、2017年にホープフルステークスがG1レースへと格上げされたことにより、有馬記念後にも中央競馬が開催される状況となっています。

 

今回はそのホープフルステークスの出走馬や予想、有力馬であるコントレイルについてご紹介していきます!

最後まで読み進めていただくと嬉しいです。
スポンサーリンク


ホープフルステークス(ホープフルS)2019の出走馬は?

最初にホープフルステークス2019の出走馬について枠順、鞍上、斤量とともにご紹介します!

1 1 ブラックホール 石川裕紀人 牡2 55.0
2 2 コントレイル 福永祐一 牡2 55.0
3 3 ブルーミングスカイ 田辺裕信 牡2 55.0
4 4 ガロアクリーク 丸山元気 牡2 55.0
5 ヴェルトライゼンデ O.マーフィー 牡2 55.0
5 6 ナリノモンターニュ M.デムーロ 牡2 55.0
7 ワーケア C.ルメール 牡2 55.0
6 8 クリノブレーヴ 斎藤新 牡2 55.0
9 パンサラッサ 坂井瑠星 牡2 55.0
7 10 ディアセオリー 三浦皇成 牡2 55.0
11 オーソリティ 池添謙一 牡2 55.0
8 12 ラグビーボーイ 北村宏司 牡2 55.0
13 ラインベック 岩田康誠 牡2 55.0

芝・2000mで行われるホープフルステークス(G1)は中山11R、発走は15:30となっています!

ホープフルステークス(ホープフルS)2019を予想!

次にホープフルステークスの予想を行います!

 

ホープフルステークスは皐月賞日本ダービーなど、翌年のクラシックレースへの出走や優勝を目指している2歳馬が揃うレースです。

中山競馬場の芝・2000mというコース設定は毎年4月に行われる皐月賞と同じ舞台であることから、有力馬が出走してくるレースです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ホープフルステークス事前予想 前走の東スポ2歳Sで圧勝劇を見せたコントレイル。 1:44.5(上がり3F33.1)の走破時計に加え、後半5F57.1という強烈な時計を叩き出した。 当日は確かに、未勝利のマイル戦で1:33.3、2歳1勝クラス7F戦で1:21.0が出る高速馬場とはいえ、後半のラップ及び重賞クラスのアルジャンナを千切った脚力は優にG1クラス。ここでは力が数枚違う。 相手は、中山同条件で強いレースを見せたオーソリティを筆頭に、先行して面白いブルーミングスカイやロベルト系の父を持つワスカランテソーロなど穴目も絡め、馬券を検討していきたい。 #競馬 #ホープフルステークス #中山競馬場 #コントレイル

@ keimaaaaがシェアした投稿 –

今年は、コントレイルが有力馬として周囲から高い評価を集めています!

 

ただその一方で、9月22日に同じく中山競馬場の芝・2000mのレースで勝利したオーソリティに逆転のチャンスがあるという声もあがっています!

ホープフルステークスに限ったことではありませんが、2歳馬限定の競走では各馬が過去に走ったレース数が少ないことが競馬ファンにとって一番の悩みの種ですね…

 

レース数が少ないことにより、コース適正や脚質をはじめとした一部のデータが不透明な場合もあり、レース展開も読みづらいのがファンの本音ではないのでしょうか…

それでもこのレースでは、逃げ馬が不在ということもあり緩いペースで進むので瞬発力勝負になる可能性があると考えて良いかもしれません!

 

ホープフルステークス(ホープフルS)2019の有力馬はコントレイル!

今年のホープフルステークスの有力馬はコントレイルです!

 

コントレイルはレース開催前日(12月27日)の19:00の時点で単勝オッズ2.0倍と1番人気に支持されています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019 東京スポーツ杯2歳S * 可能性の翼 * 優勝馬 : コントレイル 騎手 : R.ムーア 調教師 : 矢作芳人 馬主 : 前田晋二

Casper(@horse_race_photo_studio)がシェアした投稿 –

コントレイルは9月15日に阪神競馬場の芝外回り・1800mで行われた新馬戦(デビュー戦)に出走すると、キレのある末脚を繰り出し圧勝してます!

 

そしてキャリア2戦目では、11月16日に東京競馬場の芝・1800mで行われた東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)に出走。

コントレイルと同じく前評判の高いアルジャンナやラインベックとの対戦に注目が集まりましたが、ここでも驚異の末脚を披露し、2着馬のアルジャンナに5馬身差をつける圧勝!

 

さらに2歳馬であるにもかかわらず、東京競馬場の芝・1800mにおけるレコードタイムを叩き出したことから、来年のクラシックレースにおける有力候補に名乗りをあげる形となっています!

 

しかし、コントレイルはデビューしてから2戦とも直線の長いコースを走っていることが、ひとつの懸念材料としてあがっています…

ホープフルステークスが行われる中山競馬場・芝コースの直線距離は310mであり、東京競馬場や阪神競馬場の外回りコースよりも短いです

 

コントレイルの末脚は直線距離が長い舞台の方が最大限に生かすことができるという声が大きいだけに、この中山競馬場の舞台をクリアできるかどうかが一番のポイントになりそうですね!

スポンサーリンク


ホープフルステークス(ホープフルS)2019はなぜG1?理由を紹介!いらないという声も!

ホープフルステークスがG1レースであることに対して、競馬ファンの間では様々な議論が交わされています。

 

そもそもホープフルステークスは阪神競馬場の芝内回り・2000mで「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(G3)」という名称で施行されていました。

 

しかし2014年、2歳馬限定の中距離戦(2000m前後)の充実を図ることを目的に、日本中央競馬会(JRA)はラジオNIKKEI杯2歳ステークスの舞台を中山競馬場の芝・2000mに移行。

同時に名称を「ホープフルステークス」に変更し、レースの格付けをG2に設定しました。

 

そして2017年には皐月賞と同じコース設定であるホープフルステークスに有力馬が出走しやすい現状にあることを踏まえ、G2からG1に格上げしました!

ただ、競馬ファンからはホープフルステークスの開催時期に対して不満を漏らしています…

 

この投稿をInstagramで見る

 

有馬記念の反省。 リチャード・リスグラシュー・トゥルトゥルの馬連・ワイドBoxを買うと決めてオッズにマーカー付けていたのに6ー10のワイドしか買っていなかった謎😭 3連複はアイちゃん軸でハズレ。 リスグラ軸でも武さん買っていないので仕方ない(相性が恐ろしく悪い) ハーツっ子が強く勝ってくれたので満足です🌟 今年こそ有馬記念デビューと決めていたのに出来ず残念😩。でも帰りの電車待ちを見ると行かなくて良かったとも思ってしまう。 #中山競馬場 #nakayamaracecourse #有馬記念 #いつかは観たい有馬記念 #馬好き #馬好きな人と繋がりたい #horse #horserace #horsegram #うますたぐらむ

あい(@gelmj_cats)がシェアした投稿 –

 

多くのファンの間では1年の締めくくるG1レースとして、長年にわたり有馬記念というイメージが定着していました。

これまでディープインパクトオルフェーヴルなど数多くの名馬が出走してきた有馬記念は、G1レースの中でも格式の高いものでした。

 

しかし、新設G1として有馬記念の後にホープフルステークスの施行日が設定されたことにファンは違和感を覚えているわけです。

ホープフルステークスのレースの格付けというよりも、むしろ開催時期に対して向けられた不満と捉えて良いかもしれませんね…

 

 

以上、ホープフルステークスの出走馬や予想、コントレイルについてご紹介しました!

最後まで読み進めていただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました