有馬記念を予想!2019年の出走馬を紹介!暮れの総決算での有力馬アーモンドアイに死角は?

スポンサーリンク
有馬記念 予想 2019 公営競技

あなたは年内最後のG1レースである有馬記念で馬券を的中させたいと思いませんか?

 

有馬記念はファン投票によって出走馬が決定するレースとして競馬ファンのみならず、世間から注目を集めています!

そのファン投票で1位に輝いたのは、これまでG1レースを6勝しているアーモンドアイです!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

もはや枠・馬場は不問か #アーモンドアイ #有馬記念#g1 #枠順確定 #ルメール#騎手 #過去pic #horseracing #nikon#d500#nikkor200_500

Masaki Nakanaga(@horseracing924)がシェアした投稿 –

 

今回は12月22日(日)に開催される有馬記念の出走馬や予想、最有力候補であるアーモンドアイについてご紹介していきます!

最後まで読み進めていただくと嬉しいです。

 

スポンサーリンク


有馬記念2019の出走馬は?

最初に有馬記念2019の出走馬について枠順、鞍上とともにご紹介します!

1 1 スカーレットカラー 岩田康誠 牝4 55.0
2 スワーヴリチャード O.マーフィー 牡5 57.0
2 3 エタリオウ 横山典弘 牡4 57.0
4 スティッフェリオ 丸山元気 牡5 57.0
3 5 フィエールマン 池添謙一 牡4 57.0
6 リスグラシュー D.レーン 牝5 55.0
4 7 ワールドプレミア 武豊 牡3 55.0
8 レイデオロ 三浦皇成 牡5 57.0
5 9 アーモンドアイ C.ルメール 牝4 55.0
10 サートゥルナーリア C.スミヨン 牡3 55.0
6 11 キセキ R.ムーア 牡5 57.0
12 クロコスミア 藤岡佑介 牝6 55.0
7 13 アルアイン 松山弘平 牡5 57.0
14 ヴェロックス 川田将雅 牡3 55.0
8 15 アエロリット 津村明秀 牝5 55.0
16 シュヴァルグラン 福永祐一 牡7 57.0

 

今年の有馬記念はなんとG1馬11頭も揃う豪華メンバーに!

12月19日(木)に開催された公開枠順抽選会の結果、一番人気に推されることが予想されるアーモンドアイは5枠9番に入りました!

 

有馬記念2019を予想!

次に有馬記念の予想を行います!

 

有馬記念の舞台である中山競馬場・芝2500mの特徴ですが、スタートしてからすぐにコーナーに差し掛かるため「内枠有利、外枠不利」という傾向が顕著に表れています。

また最後の直線が310mと他の競馬場と比較して短いこともあり、4コーナーに差し掛かる時にある程度前目のポジションにいることが求められます。

極端な追い込み馬にはやや不利なコースとも言えるかもしれませんね…

 

次に馬場について、レース当日は関東地方で降雨が予想されています(19日夕方時点)。

どれだけの降水量になるのか現時点では分かりませんが、ある程度水分を含んだ時計のかかる馬場になる可能性がありますね。

末脚のキレで勝負する馬にとってマイナス材料となりそうです…

 

そしてレース展開が読みづらい点が多くの競馬ファンの頭を悩ませていることでしょう…

その原因として逃げが予想されるアエロリットが大外枠に入ったことにあります。

また、キセキやクロコスミア、サートゥルナーリアと絶好位につける可能性が高い馬も内枠を引けなかったことから、スタートからペースが緩むことは考えられなさそうです。

アーモンドアイのポジション次第ですが、先行馬が揃う中で早めに仕掛ける馬も出てくるかもしれませんね。

 

以上を踏まえると、今年の有馬記念では持久力、パワーが求められそうですね!

また内枠であり、かつある程度前目のポジションが取れそうなエタリオウやスティッフェリオに馬券的妙味を求める穴党の食指が動くことでしょう!

 

スポンサーリンク


有馬記念2019でアーモンドアイに死角は?

アーモンドアイは4歳牝馬ですが、すでにG1レースで6勝と断然の実績を誇っています!

あのディープインパクトやウォッカがG1・7勝なので、今年の有馬記念で勝利すると歴代の名馬と肩を並べることになります!

アーモンドアイはこれまで3歳牝馬クラシックで史上5頭目となる3冠を達成!

今年は3月にドバイのG1レースで勝利すると、前走の天皇賞・秋では好位から直線抜け出し、2着に3馬身差をつける横綱相撲で他馬を相手にしませんでした!

 

一方で穴党としては、すでに歴代最強馬の1頭という呼び声の高いアーモンドアイの死角を探りたいところですね!

アーモンドアイは天皇賞・秋を勝利した後、12月上旬に香港で開催されるG1レースに向けて調整していました。

しかし熱発により香港遠征は中止に…

一頓挫あったことにより、アーモンドアイの状態を不安視する声があることは確かです。

それでも、アーモンドアイを管理する国枝栄調教師は熱発による影響がないと強調しています!

熱発といっても検温で38度6分。平熱が38度2分のアーモンドアイにすれば微熱で、回避の決断は飛行機輸送を控えればこそだった。もし日本で走るなら話題にしない程度だから、決して大きなトラブルではない

 

ただ、アーモンドアイの過去の成績を見ると、直線の長いコースでの競馬がほとんどです。

そしてアーモンドアイは中山競馬場でのレースに臨んだことがありません

今回のコーナー6つという他の競馬場と比べてトリッキーなコース形態がどのような影響を与えるのか不明…

アーモンドアイに騎乗するクリストフ・ルメール騎手は

ちょっと長い距離ですけど、中山の直線は少し短いので、3、4コーナーで良いポジションを取らなければなりません。スムーズなレースが必要ですね。彼女は中山が初めてですけど、全く心配していません

と答えていますが、実際に走ってみないと分からない部分があるかもしれませんね…

ちなみに中山競馬場でのレース経験がないという点では、アーモンドアイと同じく有力候補のリスグラシューにも共通することです。

 

有馬記念2019のまとめ

今年の有馬記念についてまとめると、

・持久力、パワーが要求される舞台になる可能性がある

・2枠の2頭は馬券的妙味がある

・アーモンドアイが状態面こそ不安はないが、中山競馬場でのレースが未経験という点に一抹の不安がある

ということが言えそうです!

 

ですが、ゲートが開くまでは分からない要素が多いですし、どのように予想を組み立てるのか悩むことも競馬ならではの醍醐味ではないのでしょうか!?

 

以上、有馬記念2019の出走馬、予想、そしてアーモンドアイについてご紹介しました。

最後まで読み進めていただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました