COVID19の名前の理由や由来や数字の意味とは?

スポンサーリンク

新型コロナウイルスにとうとう名前が付きました!

 

その名前は、COVID-19

 

世界保健機関(WHO)が命名!

 

では、そのCOVID19の名前の由来や理由をお伝えしていきます!

スポンサーリンク

COVID19(新型コロナウイルス)の名前にした理由や由来?

新型コロナウイルスをCOVID19の名前にした理由はなんでしょうか?

 

新型コロナウイルスはそのまま呼べばいいように感じますが、新しく名前が付きました。

 

COVID19の由来は、コロナウイルスの英語表記を略すと「COVID(コビッド)」。

そのCOVIDにコロナウイルス感染が報告された「2019年」を組み合わせて、COVID-19となったのです。

 

そして、その名前にした理由ですが、他の名前の使用を防ぐためです!

 

例えば、

新型コロナウイルスの名前に「武漢」に関する名称が使用されるのは、よろしくないのではないでしょうか?

 

 

今後は、新型コロナウイルスではなく、COVID19と呼ぶようになっていくでしょう。

日本では、コロナウイルスの方が浸透しているため、そのまま呼ぶ方がいいかと思いますが。

COVID19(新型コロナウイルス)に決定!ネットの反応は?

新型コロナウイルスの名称がCOVID19となりました。

 

その名称を聞いたネットの反応をご紹介します!

・今回の名称は明らかに中国から圧力があったのではないかと思われます。
本来なら「武漢肺炎」や「中国肺炎」と名付けるべきです。

 

・「COVID―19」これでは何のことがわからない。
WHOは重大な脅威と言いながら何のことかわからない名前をつけて、中国に忖度している。

 

・わかりやすく武漢感染症とか武漢肺炎とかでよくないですか?
何年経っても誰でもわかることが公衆衛生上も必要なのではないでしょうか。

 

・これだけ武漢市から世界的に広がっていくとは当初隠蔽を企んだ中国は予測できなかった事でしょう。
分かり易いし他国では武漢ウイルスで良いんじゃないかと思います。

 

中国に忖度しているという意見が圧倒的に多かったですね!

確かに、数十年後にCOVID19と聞いても何のことは分からなくなりそうです。

 

スポンサーリンク

COVID19(新型コロナウイルス)の現在の状況は?

新型コロナウイルスの感染者の最新情報をお伝えします。

 

感染者23名で、9名が回復されて退院されているようです!

無事に回復されているようで、安心しました。

 

しかし、残りの感染者が気になるところです…。

新型コロナウイルスの最新情報は、随時更新していきたいと思います。

 

 

以上、新型コロナウイルスについて簡単にお伝えしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました