社会(トレンド)

9月入学で受験はどうなる?スケジュールとメリット/デメリットを調査!

9月入学で受験はどうなるの?【変更スケジュール】

では次に、9月入学時の受験の変更スケジュールを確認していきましょう。

 

9月入学式・始業式
10月
11月
12月冬休み
1月
2月
3月春休み
4月
5月私立小学校入試
6月大学入試共通テスト
7月私立中学・高校入試
8月国公立・私立一般入試、公立高校入試、夏休み

 

これだと、一番長い休みの夏休みは受験で満足してとれないでしょう。

 

 

では、この9月の変更スケジュールとした場合のメリットとデメリットをご紹介します。

9月入学の受験のメリットは?

仮のスケジュールでの受験のメリットは何でしょうか?

 

メリットは、外的要因での影響が出にくいということです。

 

受験時期が夏ですので、大雪やインフルエンザといったことでの影響はないでしょう。

 


あとは、海外留学しやすくなるということですかね。

海外は9月入学が多いので、日本が9月入学になることでブランクが生じません。

 

それは逆でも同じで、留学生を受け入れやすくなります。

少子高齢化と言われている日本にはいいですね。

 

9月入学の受験のデメリットは?

仮のスケジュールでの受験のデメリットは何でしょうか?

 

デメリットは、卒業と就職のタイミングが合わないことです。

 

学校の卒業は8月にできたとしても、4月を新年度としている社会とはズレが生じます。

そのため、入社する側と受け入れる側どちらもデメリットですね。

 

早く就職して社会の役に立ちたい学生と人手不足で困っている企業との食い違いが起こるのです。

もどかしいですね。

 

ですので、受験のタイミングが変わるとなれば、社会全体で改革する必要があるでしょう。

 

 

9月入学になるのかまだ検討中ですが、9月入学ですと受験時期も変わります。

学生から学生なら大きな影響はありませんが、学生から社会人となれば影響大です。

就職活動が苦労しそうですね。

 

これからどのように進んでいくのか?見ものです。

 

 

 

以上、9月入学で受験のスケジュールやメリットとデメリットについてお伝えしました。

 

 

○9月入学に関する他の気になる情報はこちら!

9月入学(新学期)で早生まれや学年はどうなる?卒業はいつ?

 

9月入学で甲子園はどうなるの?高校野球のスケジュール変更か?

 

9月入学で2014年(6歳)/2015年生まれ(5歳)はどうなる?

スポンサーリンク
1 2 3
スポンサーリンク