社会(トレンド)

9月入学で2014年(6歳)/2015年生まれ(5歳)はどうなる?

9月入学で2014年生まれ(6歳)と2015年生まれ(5歳)はどうなるの?

9月入学で2014年生まれと2015年生まれはどうなるのか調査しました。

 

結論、その学年の人数が1.5倍になります!

 

順番に説明していきます。

 

2014年生まれと2015年生まれが小学1年生になるのは、2021年9月です。

その2021年9月に入学するこどもが2014年4月生まれ~2015年8月生まれの子どもたちです!

 

例年通り(4月入学)ですと、2014年4月~2015年3月生まれの子どもたちは、2021年4月に新1年生です。

 

しかし、9月入学ということは、2021年4月に入学式を迎えません。

2021年4月~8月まで何もしないタイミングがあるということです。

そして、2015年4月~8月生まれの子どもたちと共に2021年9月に入学を迎えるのです。

 

ですので、2021年9月に入学するのは

2014年4月~2015年3月生まれ+2015年4月~8月生まれ

の子どもたち。

 

ですので、その学年の人数が1.5倍になるということです!

 

この9月入学で一番影響があるのは、2014年4月~2015年3月生まれの子どもたちではないでしょうか。

 

スポンサーリンク
1 2 3 4
スポンサーリンク